Open Your Eyes

2009.8.8 TOKYO SKA JAMBOREE@山中湖・野外特設スカフィールド

ここで書かなきゃ、ライジングになっちゃう!(笑)

待ちにまった、スカパラによる、スカ満載のフェス。
TOKYO SKA JAMBOREE!

フェスの第一回、というのはどんなものでも、色々不安なものです。
運営はどうなるか・・・どんな流れでライブや転換が行なわれるのか・・・
どんな盛り上がり方をこのフェスのお客さんはするのか・・・

蓋をあけてみれば、最高に楽しいフェスでした!





山中湖へ向かうのは、オフィシャルのバス。
新宿発は7時前後。
で、早めに乗りたいので・・・6時半に新宿集合。
なのに、前日は前打ち上げと称して、結局3時くらいまで呑んでました(笑)
GWM、平均睡眠時間は2時間以内か?な状態で新宿の1号のバスに乗り込む。
とりあえず寝なきゃ・・・というわけでバスでは渋滞を心配しつつ、すやすや。
(私が一番爆睡してたらしいけど・汗)

開場へは、開場前の10時すぎについたんで、グッズを買ったり、
スカ友さんとお会いしたり。
開場と同時にはいって、無事最前列確保♪

うぐいす嬢の注意事項。
「過度の飲酒による泥酔には十分にご注意下さい。」
こんな注意って普段のフェスであったっけ?記憶にないな。
でも入れるあたり、さすが兄貴たち(笑)

そこから30分ちょっとしたら、オープニングアクトが3組。

最初のROYAL BUSTER は、若い力がはじける!って感じで
一生懸命で、初々しくてかわいかったなぁ。
音楽的にはPOTSHOTとかのスカコア系って感じ?
いやあ、こんなに若くて、スカバンドで、こういう舞台でこの人数の前でやれたら、
そりゃあがるよなーー!!!

The scandalsは、はちゃめちゃスカ・笑いありで、みていてかなりおもろかった。
割と粛々と裏打ちしたりするバンドと、動きがおかしな赤髪のアジ担当。
こちらもパンク色があったり、ラテン感だったり、よくわからんうちに笑ってたら終わった(笑)
楽しませてもらいましたよ。

THE JAPONICANSは、さすがに安定感がありましたねー。
オープニング締めとしてばっちりスカってくれました!
爽やかで、でもグルーブがあっていい感じ。

で!で!!!
13時・・・・スカパラ登場!!!!

いきなり、本人たちが現れる前に、大音量でつよっさんの声が響き渡る。
「スカ宣誓」!
「僕たちは、東京スカジャンボリーで、正々堂々と、スカることを誓います!」的な(詳細忘れた・・・)
開会のご挨拶。いやーー、こういう形で始まるとはおもわんかった。
このはじめかた、絶対ノリで決まったんだろうなーー!兄さんたち、してやったり、って感じなんだろうな!
って、こっちがニヤニヤしちゃうよ。

で、パラブルツアーと同じオープニングで、東京スカパラダイス登場!
先頭は大森さん♪
もーーー、とにかくメンバーみんな、満面の笑みで。
最高としかいえない笑顔で。
すごい最初から手を客席にふりまくっていた。
主催者が始まる前からこんなに楽しそうなフェスなんて、そりゃもう絶対に楽しい!
大森さんが・・・きりっと短髪で、ツンツン。
本当に、本当に目の前でみるのが久々で、もう見ただけで鼓動が上がっちゃってメロメロよ♪
シャツはニュー?白地に大きめの薄いブルーグレーの水玉?というより大きさ的にはサークル模様のシャツ。
ネクタイはこないだと同じと思われるレジメンタル。

SHOT IN THE DARK
一発目がこれ!?これ!!!!?????
$%#&!!!??(文字化けにあらず)
と混乱したのもつかの間・・ものすごい圧しが後ろからきて。
最前列の私の前のバーは・・・別に固定されておらず、足の長さだけでたっている・・・
つまり、バーがいきなり危うく倒れそうに!でも私の後ろには数千人の人がいるのよ!!
本能的に最前列のみんなはぐいっとふんばって、なんとかもったものの、あやういあやうい・・・
すると、ささささーーーっと横から黒いSKA CREWのTシャツをきたスタッフさんが
次々登場し、バーを前から手を突っ張って、足を踏ん張って支えるという形に。
その数、おそらく20~30人くらい?
それでもやっぱりやばいので、最前列のみんなは踏ん張りつつ煽るということに。

ので、耳はShotを拾って、狂喜乱舞するもの、顔はえらい踏ん張っている顔に。
ああ、この顔を大森さんに見られるのかぁ(涙)

しかし無事倒れずShot終了。

したら次は・・・
LIKE JAZZ ON FIRE
予想はしてたけれど!やばい曲が連続!
ということで、これもなんとか手を上げて踊りつつも、足はしっかり踏ん張りポーズに。
し、しんどい・・・

で、ふうと一息ついたもつかのま・・・

DOWN BEAT STOMP
大森さんが前にきた!まん前だ!ありがとう!
でも、また圧しが強くなったよ~(涙)
しかし、ここでくじけちゃ女が廃る!
大森さんはこの日は、センターにけっこう長くいてくれて、
その後レフト側で2番、最後はもう一回センター♪
久々に目の前でみるフッ!フッ!にもクラクラ~
やっぱり大森さん、大好き♪
曲が終わったあとに、親指をくいっと上げて「グッジョブ」してくれるのも久々だ~

Heaven's Door
この辺は少し圧しが落ち着いたのでちゃんとステージがみれました。

トーキョースカメドレー
なんと!一曲目は広島以来に聞いた!ホールインワン!
もう会場がうわあああって上がったね。
で、Ska Jerkでは久々の大森さんやNargoや加藤さんの低空を。
やっぱり大森さんの低空はきれいだなぁ。
JAMAICA SKAはGAMOさん祭り。スペースがない中でも、
がんばって「Shake your hips!」しましたとも。
続くは つよっさんの掛け声が楽しいLUCKY~ SEVEN!
もう、本当にメンバーが楽しそうに演奏してて、それ見てるだけでも本当たのしくなっちゃう。
と思ってニコニコ油断してたら・・・きた!
なんと! スキャラバン!
もうこのあたりは記憶がぐちゃぐちゃ。バーを倒さないように、足はふんばりながら、
足以外の全ての部位はうごかす、みたいな状態になってたので おかしな体制に(笑)
そして、この曲で(たしか・・・)大森さん、めっちゃきれいにモンキーしまくってます。
もお、あまりの美しさにうっとり~腰砕け~

ここで、ひっさびさの、なんともびっくりなセレクション。
Nargoがピアニカもってセンターに出てきたな?スカミーか?と思っていたら・・・
SKARADA!!!!!
もう、なんか鳥肌立ちました。これをもってくるかぁ・・・

ここからは怒涛の、最後のフィニッシュに向けてのいつもの激走。
Pride Of Lions
White Light


加藤さんがWhite Lightのギターソロで、PVのときのような低空姿勢からソロ。
もう、グイングインにノリまくっている加藤さん。

最後は何かな?スカミーかな?なんておもっていたら、
びっくりなサプライズ。
ユーロツアーでお目見えしたと聞いていて、すっごく聞きたかった・・・

愛の讃歌

原曲のテイストは残しつつ、かなりアッパーなスカの仕上がり。
いやー、こう料理したんだ!!あの曲を!東京スカ、だなぁ!!!


あっという間の45分(くらい?)
バーとの闘いもあり、久々なのもあり、楽しすぎたのもあり、なんだか記憶が途切れ途切れ。
でも、まだ今日ははじまったばかりなんだよね?!

THE 69 YOBSTERSは聞きたかったんだけれど、とにかく水分不足なので
ビール&水を買いに。当然、激混み(笑)
そりゃそうだよね~
開場から3時間、みんなのまず食わずなんだもん。
Yobsterは遠目に聞きながら、まずは水分補給。
でも、今度はちゃんと、ライブハウスとかで聞きに行きたい感じでした。
機会があればさがしていこうっと。

そしたら、大森さんが飲食ゾーンに登場!!
当然のように、まっくろな人だかりに・・・
ちょっと困っている大森さんを見て、なんだか申し訳なくなって、ちょっといき損ねました。
絵に描いたような、サインを求める手の嵐、携帯やカメラでの、堂々としたパチパチパチパチ。
一応、出演アーティストの撮影は禁止です、ってあったんだけれどなぁ・・・。
大森さんって、出てくると思いっきりファンサービスしてくださるから、嬉しくもあるけれど、申し訳なくもある・・・
ちなみにもうこのときは私服で、黒いWebheadポロに、カーキのハーフパンツ、
足元はおニューっぽいツートーンのスニーカーでした♪
そして、近くでみても(というか近くでみれば見るほど)男前だわー。

けっこうこの時間帯は谷中さんや加藤さんも出没してたみたいですね。

KING NABE&THE VIKINGS
ステージ遠めにみたり、前に言って踊ったりしてました。
なんというか、厚いおとだなぁ!骨太。

DJ:川上つよし
いつものWEBのつよしさんとはちょっと違う感じのまわしかたでしたね。
途中で、大森さんのI Fought the Lawがかかったときに、たまたまステージ近くで
大森さんをおみかけしたんですが
何事もなく、しれっとしているのがちょっとおもしろかったです(笑)

で、DJが終わったら、次のアーティスト紹介を、
タワーのDJブースにあがってしたのは、大森さんと欣ちゃん!

そこで、欣ちゃんが、いつもの欣ちゃん節で
「いやー、最高に楽しいねぇ!」的なことをいったあと、
「大森さんから、みなさんに一言!」
なにかしら?なにかしら?と、わくわくしながらみていると・・・
大森さんがおっしゃったのは・・・

「みなさん!トイレが足りなくて、本当にすみませんっ!」と大声で謝罪。
「本当にごめんなさい!来年に向けて、必ず改善します!
でも、暑いので水分補給はしっかりしてくださいね~」

・・・たしかに、この日、トイレは完全に不足していて、
トイレ待ちで一時間半、という人もでていたくらい。
スペシャのときと比べて、台数四分の一くらいだったもんなぁ。
初回のフェスってこういうことが起きるのよね・・・。

でも、フェス中に、ちゃんとメンバー自身がこうやって謝ってくれたことが、
すなわち主催者としての責任感ってことなんだと思う。
次回に改善してくれればオッケーです。

SEE SPOT
LA!西海岸!わかるなぁ~
あっかるい音で、レゲェ色も強く、ラテンなノリもありつつ、海風を感じるようなスカサウンド。
このとき、ステージ脇のスタッフゾーンの芝生で、69Yobstersのthazzy69が・・・
もーそりゃーー見事なステージング、もとい、ダンシング芸!!
音をちゃんと聞きたい気持ちはあれど、目の前で繰り広げられる芸から目が離せず
(そんな人は私以外にも大勢いた)
もう、く・ぎ・づ・け!
欣ちゃんや大森さんも、釘付け!
抱腹絶倒のショーだった。このビデオとってたスタッフさん!
映像化する機会があったらぜひ、このダンスも!
あ、特典映像で(笑)

KING NABEのDJは、けっこうがっつり系。
この間、まだthazzyさんは踊りまくり。いやー、技多いなぁ~!


NEW YORK SKA JAZZ ENSEMBLE
おっしゃれーなスカ!一番好きな感じかもしれん。
なんともいえないナイスなグルーヴ。夕方になりかけた時間帯にぴったり。
踊りたい~って感じでした。そして、加藤さんも、踊りたい~、っていうか踊ってました(笑)
なかなかいいグルーブで踊ってましたよ?(←えらそう)

Hansこと、Dokter SkaのDJを経て、いよいよセッションタイム!

もう、最初からでてくるはでてくるわ!ステージには60人くらいいたそうです。
もう誰が誰だか(笑)
しかもメンバー私服で登場!
これは今までなかったねぇ~
加藤さんは、デカ白ワクサングラスをまたしてました(笑)

一曲目は待ってました!やってくれると思ってました!Bridgeview!
北原さんがホーンズの皆さんをソロへ誘導。
GAMOさんは踊ってたかな?
つよしさんは職場放棄でフロントでめちゃくちゃ踊ってました!(かわいい~)
そして、大森さんのところには、若手パーカショニストさんが二人。
コンガはJaponicansのパーカショニストにお任せした大森さん。
なにをするのかと思ったら・・・・キャーーー!ジャンベをとった!
で、前に出てきた。久々の大森さんジャンベ♪
そして、私服だから、短パンにジャンベ。なんかスーツとは違ったラフな魅力。
でもがっつりジャンベってましたよ~。ニヤニヤしながら。
もう!やばい!!

そして、二曲目は・・なんとParadise Blue!
セッションしちゃうんだ、これで!でもいつもの違う、より厚みとがっつり感のあるパラブル。

ありがとーーー!といった瞬間、客席がもう帰るなんて許さないよ?って感じで壮絶なアンコール。
じゃあ、あと一曲やっちゃう?やっちゃう?ってドラムセット周りで
つよっさんやNargoを中心にみんなが集まってきて、
あれこれ、打ち合わせをした後、聞こえてきたのは・・・

ペドラーズ!!!!!!!

再び美しい大森さんのモンキーダンス・・・

しかし、やはり急遽のこと、ソロ振りがなかなかいい感じにgdgdで(笑)
つながらないこと多々。

そしたら、うちのあの人が・・・大森さんが・・・
もう、本当こういうときに、最後に頼りになるんだからぁ~
総勢60人強のステージを、次々と仕切りだして、うまく曲の流れを作っていく姿はもう、
凛々しくて!
こういう、普段は後ろでおちゃらけてるのに、やるときゃやる、感じが大好きです!
そして、最後のオオトリの締めは、大森さんのジャンプでキメ!!


ああああああああああああああ、最高のスカジャンだった!!!

最後の退場は『蛍の光』。はい、なんのアレンジもない、いわゆるスーパーで聞くようなあの曲。(笑)
最後までやってくれたなぁ!

そして、お客さんの退場は、楽屋の建物の横を通って駐車場にぬけていくのですが。
大森さんや北原さんをはじめとしたメンバーが、そのベランダのようなところから身を乗り出して
手を振ってくれて!!!ありがとー!ありがとー!ってお互い叫びあって。
本当に、最後までファンを大切にしてくれました。
大森さんは、私がとおりすぎるくらいのタイミングで北さんに連れられ、楽屋の中に引っ込みましたが・・・
・・・私が通るのを待っててくれたのね♪

メンバーのみなさんを見る機会がこのフェスは本当に多くて。
芝生を歩いてたり、飲食ゾーンにいたり、
楽屋建物のベランダで手振ってたり。

本当に、本当にくつろいでいて、楽しそうで、自分たちの聞いてほしかった世界のスカバンドで
踊っているみんなを嬉しそうにみていた。とってもご機嫌だった。

自分たちがまず楽しまないと、お客さんも楽しめない。
それがスカパラのライブだし、だから、それがスカパラのフェスなんだな、って思った。
そんなスカパラが本当に大好きだ!

そして、一緒にみれたスカ友のみんな。
みんながいるから、楽しい時間がいつも過ごせる。
本当にありがとう!

さあ、次は、待ちに待った・・・ライジングサンロックフェスティバル!!!
[PR]



by naomy7727 | 2009-08-11 03:12
当初の予定は活動期。いまやライブ日記。
by naomy7727
プロフィールを見る
画像一覧
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

about me

スカ、ロック、J−POP、アイドル、
ぐっとくれば何でも大好き!

パーカッションを自由にあやつるグルーヴィーな人にべた惚れな
オオモリストで、
5人組国民的アイドルの柴犬な四男に翻弄され、
関西からの異色派アイドルのグルーンな末っ子にデレデレで、
時々スクビで人間やめてます(笑)

《好きなモノ》
東京スカパラダイスオーケストラ
川上つよしと彼のムードメーカーズ
arashi

Scoobie Do
Indigo Jam Unit
Dragon Ash
堂島孝平(×GGKR!)
J.A.M.
秀景満
ユニコーン
U2
Maroon 5
MIKA

おすすめリンク
WEBHEAD DESIGN WORKS
Better Days Gonna Come
あのナースに気をつけろ
azure

ファン

ブログジャンル

画像一覧