Open Your Eyes

2009.8.14-15 RISING SUN ROCK FESTIVAL@北海道・石狩湾口野外特設ステージ(2日目)

1日目はこの前の記事を。

2日目の16日。いつも私は朝かーなーりのネボスケで、
ホテルを出る時間前に、準備に必要な時間の本当にぎりぎりまで起きれないのですが。

この日は、予定より2時間近く早く起きてしまいました(笑)
やっぱり興奮してるんだな。

この日は忙しいよー。
みたいものばかり!結局みたのは。

12:30-13:40 BEAT CRUSADERS
15:10-15:50 SCOOBIE DO
15:50-16:50 YOUR SONG IS GOOD
17:30-18:30 怒髪天
18:30-19:40 UNICORN
21:30-22:20 Dachambo
23:10-00:10 東京スカパラダイスオーケストラ
01:00-03:00 SHOULD I STAY OR EZO? ~真夜中に初期パンを~





ご飯を何とかYSIGを横目で聞きながら食べた以外は、
ほぼ、動きっぱなし。
ユニとDachamboの間があいてそうにみえるけれど、
この間は夜の寒さ対策もしないといけないし、ボヘミアンは遠いし、
スカパラでは前にいきたいのでDachamboでもある程度前にいきたいし。

Beat Crusadersは、お仲間がいないので一人で、今年初めてのSun Stage前へ。
やっぱりサンステ、でっかいなぁー!
そしてビークルは楽しませ方をしってるなぁ~
んでもって、ヒダカさんの唄、好きだわ。

Scoobie Do前にいったんテントに戻って、本日最初の酒盛り。
で、早々にクリスタルパレスへ。
前ののあのあがかなり混んでたので、あわててご飯も食べずに入場。
ここのステージはすぐ規制かかるからなぁ・・・
だって、スクービーは今日のメインイベントの1つ!
運よく、するっと最前の端っこに入れました。
セッティング中に、ステージ裏のアーティストスペースがドアからちょうど見える場所にいたので、
うろうろするジョーくんや、リーダーや、写真をとってるMOBYや、
何より着替える前の黒ポロシャツのシュウくんがちらちらっとみえてテンションがアガル~
そして、楽器の調整も、(楽器がないシュウくん以外は)メンバーが出てきて最終セット。
音あわせでやったのは、Com'on Sunset Backの一部!!
さっそくキャア!です。

あたまっからトラウマティック・ガール~DRUNK BEAT~真夜中のダンスホール、という流れはもうおどりっぱなし。
だって、一曲目から「ギターでしか語らない男、リーダー、マツキタイジロウ」が、
「ロックで人間やめますか?」って聞いてくるんですもの~(笑)
ロケットスタートだよ!そして、メンバーも飛ばしっぱなし!
で、ぎゅうぎゅうになったと思ったら・・・Get Up!久しぶり!
ここで圧しが一気にきたから、今日来てたお客さんは昔から好きな人が多かったのかな。
嬉しいことです(なんとなく)。
TIGHTEN UPでまたぐっときて、OH YEAH!×3ではシュウくんの看板に合わせて唄って。
MCでは「別のステージではキョンキョンがやってるんだよな?こっちきて正解!
だって、キョンキョンはばっちりテレビでやるけれど・・・俺たちは映らないから!」
って自虐な(笑)
でもメンバー、本当に2年ぶりのライジングで本当にみんな嬉しそう。
特にジョー君がもー、わかりやすくご機嫌♪
そして、BACK ONがきちゃったら、もーーーはじけきるしかない!
BACK ONはいつも頭を振りすぎて、踊りすぎて、実はメンバーが弾いてたり、歌ってるところの記憶がほとんどない(笑)
最後はMIGHTY SWINGでおわり。

あー。短かったなあ!楽しい時間はあっというま。
次、この後しばらくクリパレ空くんだからもっと長くやってもらえばいいのにぃ~

しかし、長く続くとそれはそれで次が大変なのだ。
YSIGはあきらめて、ご飯食べ+ちょっと足湯。
あやうく、怒髪天も外からゆっくりみるかなぁ~と思っていたら、
スカ友さんから、「前空いてるよー!」の一報。
え!じゃあいかなきゃ!と、いうわけで再びエンジンがグイーンとかかる(笑)

祭りのPEで始まり・・・一番星ブルース、夕暮れ男道、労働CALLING!
ウンガラガッタウンガラガッタウンガラガッタッタッター♪を関西チームと踊るのは楽しいなぁ!
そして兄ィ、おかしな動きなのに、どことなく二枚目でかっこいいのがなんだかずるい~(笑)

その後も、ろくでなし、宿六小唄をやったあと、しっとりタイム。
兄ィいわく、「夕方遅くだから、そろそろ暗くなるころかと思って、しっとり夜の曲を準備したんだけれど・・・
全然あかるいじゃん!というわけで、想像してきいてください」だそう。
たしかに・・・めちゃくちゃまだ外は明るい(笑)

で、やったのが、「月明かり」「星に願いを」
ちょっと違う怒髪天の側面が見えて、兄ィの声が響いて、素敵。
とおもったら、「全人類肯定曲」「ドンマイ・ビート」「NO MUSIC,NO LIFE」と
定番、盛り上がりチューンへ一気に転換!
いやーーー素晴らしい~!これぞライジング!
しかし・・・ここで時間アップ。なぜならここで出ないと、ユニコーンの開始に間に合わない・・・
(クリパレからサンまでは普通に10分以上かかるので)
泣く泣く、スカ・ユニ友さんと出ると、背後から聞こえてくるは・・・やっぱり(涙)
「酒燃料爆進曲」。あーーーこれ踊りたかったなぁ!!!
というわけで、二人して走りながら踊る。
Rush Ballで去年ルパンしながら退場したのを思い出したよ・・・

で、次はサンステ(ぜーぜー)。
左端の前方へいきました。ステージ前はとてもとても無理。
オーロラがよく見えて、ステージがある程度見れればいいや、ってことになって。
ちょうど阿部さんは見切れるのですが、他のメンバーは比較的よく見えました。

オープニングは、、ツアーと一緒で「ひまわり」。いい曲なんだよね、これ。
で、次は・・・わ!これ、ツアーでやってなかった!「服部」
一気に上がる。。。だって続くのは、大好きな「ペケペケ」。
EBIさんと民生のメロディーの掛け合いが最高!
そして、「オッサンマーチ」。オッサーン、はオーロラにでなかったけれど。
「BLACK TIGER」はこの日、朝から頭をグルグルと回っていたので、やっと聞けて、やっと抜けました(笑)
ガンガン飛ばして~ぃ♪
EBI!とふった民生にたいし、EBIさんは「石狩~!」と一言。民生はそれをうけて、「・・・だそうです」だけ。
MCになってないし(笑)

で、これが聞けるかどうかわからなかったので、本当に嬉しかった。
「R&R IS NOT DEAD」。
これ、一番今回のアルバムですきかもしれない。
新生ユニコーンの、本気の音、バンドとしてのすごさが、びしびし伝わってくる。
そして、阿部さんの歌が、クールに静かにはじまってから、ピークで熱く響くところまでの
曲としての進み方が、めちゃくちゃ男前でかっこいい。
ふざけたこともいっぱいやる彼らだけれど、決めるときは決める。
やっぱり、そういうアーティストに私は惹かれてしまうんだなぁ。
これはもちろん、スカパラも、スクービーもそう。

遊びがないのはつまんないけど、遊びっぱなしでもつまんない。
実力があって、本気だからこそ遊べる、そういうのがすき。
ユニコーンは、今、その姿勢を一番やれているアーティストなんじゃないかな。
だからかっこいい。

次は、「自転車泥棒」「すばらしい日々」。
この段階で、私は、ユニコーンの復活をずっと待っていたわけではないし、
すごく熱心なファンだった過去があるわけではないけれど、
すごく感動して涙がでそうになった。
めったに涙しない私がよ?

ユニコーンは時代的に私の中高時代とかぶっていて、
まわりにファンの子もいっぱいいたし、民生さんも好きだったし、
一番じゃないけれど、ずっと動向は気にしていたバンド。
で、解散してからはしばらく離れて、民生さんのソロは追ってたけれどそんなにいつも意識はしてなくて。

なので、武道館にいったときも「わーー!復活だ!ワーー楽しい!」とは思って
そこからはまりなおしたけれど。
あの大好きな大好きなライジングの会場で、ユニコーンを聞けたことが
なんだかすごくすごく嬉しかった。
そして、ユニコーンというバンドが、すっごく、ライジングの雰囲気に「ぴったり合う」ことが嬉しかった。
あたかもずっとRSRと歩んできたような自然さがあった。本当は新生で、初めてなのに。
とにかく、じーんときたな。

「働く男」「WAO!」「ヒゲとボイン」は、一気に盛り上がる曲。
で、やっぱりここで会場がもう一段はじけました・・・「大迷惑」!
この曲と、NirvanaのFeels Like Teen Spiritって、どうやってもじっとしていられない、
叫んで飛び跳ねて踊りたくなる曲じゃない?直接血流に働きかけられる感じ。
最後は「Hello」でぐあっと雄大におしまい。

なんだか力尽きたかんじもありつつ、ここから又本番(笑)
ボヘミアンに移動です。
Dachamboの前におなかに夕飯を入れて、水分補給して。
Dachamboははじめてだったけれど、面白い音作りだった。
ディジリドューを吹く人の循環奏法が見事すぎて、見入ってしまったよ。
あまりに混みすぎていましたが、がっつり踊れました♪

さーーーーて、いよいよスカパラです。
ここで少し残念なことが・・・
Dachamboが終わった瞬間に、Dachamboファンの方が下がるのも待たずに、
一気に圧し。
しかもけっこうえげつない、割り込み的な前列への突っ込み。ライブ始まる前にこれ?
なんだか殺伐とした雰囲気で、スカパラのライブじゃないみたいでちょっと怖かった。
まあそれでもなんとか落ち着いて(並びながら押してる人とかいたけど・・・怒)
小一時間待ったところで、ライブが始まります。

正直、スカパラのライブはこの日、あまり記憶がない。
もうあまりに押されすぎて、身を守るのにせいいっぱいで。セトリはスカジャンとおそらく一緒?
途中で中央前方で人が倒れて、アブナイ状況になったことになったので、スタッフを呼んでその人を前から出しました。
曲が終わった後も、ちょっとそんな感じで会場が雰囲気悪くなっていたところで・・・
加藤くん・欣ちゃん・北原さn、ナイスセーブしましたよ。

加藤さん「みんな、ちょっとずつ下がってねー。他に出たい人いる?しんどい人いる?」と確認。
欣ちゃん、こっそり手を上げる。
北原さん、「あなたは手を上げなくていいから!ちゃんとがんばりなさい!」的なことを。
ちょっと和んだなぁ。でも、フェスでは無理しない、が鉄則だからね。

セットリストは、こんな感じかな?うろ覚え・・・
Like Jazz On Fire
5days of Tequila
A song for Athletes
HEAVEN'S DOOR
勇者の証 ~Brave Eagle of Apache~
トーキョースカ・メドレー(ホールインワン~SKA JERK~Jamaica SKA~スキャラバン)
そばにいて黙るとき
SKA ME CRAZY
LOOK OF LOVE
Pride of Lions
White Light
愛の賛歌

・Tequilaのアジはやっぱり最高~
 けっこう今日はTequi~laのところが強く息を吐く感じ?男らしさアップ!
・Brave Eagleは久しぶりですね・・・眼の前のGAMOさんのアジが嬉しかった♪
・スカメドレー、この流れはかなり好きです。スキャラバンの大森さんのモンキーはやはり秀逸に美しい!
・LOOKはここでやると思わなかったなぁ・・・でも夜半の空に響きました。
 大森さんのトライアングル技が素敵。でもこのときは、ちょっとパーカス全体の音響がいまいちで、
 ちょっと大森さん、困ってましたね。
・ホールインワンは、ひゅーーーーーい、のところの北さんのトロンボーンの動きをついつい目で追っちゃいます(笑)

まあでもちょっと今日は、お客さんが若干殺気立っていていつものライブより、怖かったかな。
楽しみきれなかった、というのが正直なところ。
ボヘミアンで聞くスカパラ、というコンセプトはすごく素敵だけれど、
動員力を考えると実際は難しいのかなぁ・・・
この辺は難しいですね。
ステージの個性にあわせていくか、見たい人の多さにあわせていくか。
サンステはやっぱりお祭りステージだから、どうしても派手めな演出になるし。
欲を言えば、去年みたいに、
「ライジングではスカパラ見なきゃ!」っていう一般的なRSRファンの方がいっぱい見れるようにサンステやって、
それとは別に、「どうしてもスカパラ!」というスカパラファンがコアに楽しめる小さいステージ、の2本立てだといいんだけれどなぁ。
そう考えると去年のSUN+GREENの組み合わせは最高に夢のようによかった。
またああいうのやってほしいなぁ(他のアーティストのファンの方も同じようにおもうだろうけれど)

まあへとへとに疲れたので、前方からはさがって、最後のアーティストセッションである
初期パンは横から見ようと思って下がりました。
ビールで喉を潤しても、今年は寒くならない。本当にいい天気だった、今年。

初期パンは、初期パンク、の略(1文字しか略してないし・笑)

なんと、こんな感じでした!セットリスト見るだけでも楽しすぎる!
(mixiのセットリストトピから拝借しました。ありがとう!)
MCはビークルのカトウタロウとマシータ。
(ちなみに、朝のサンステでケイタイモがステージから落下!
で、怪我で不参戦とのこと。大丈夫なんだろうか・・・)

・グループ1:  Sex Pistolsのコピバン!
Holidays in the sun
Anarchy in the UK

・グループ2:Vo:坂さん(怒髪天)でThe Clash! Drは確かここでマシータがでていたはず。
London's Burning
I Fought The Law


・グループ3:Vo:ヒダカトオル(BEAT CRUSADERS)で、The Damned!
New Rose
Love Song

・グループ4: Vo:百々和宏(MO'SOME TONEBENDER)。ちなみにヒダカさんはGで参加。
Television - See No Evil
The Jam - In The City

・グループ5:Vo:ダニー(The 50回転ズ)でThe Ramones!Gtはカトウタロウ。
Blitzkrieg Bop
Do You Remember Rock 'N' Roll Radio?
※カトウタロウ、本当はRamonesだけに革ジャンを来ようとおもっていたが、夏だし暑いし、見たいな理由できなかったらしい。すると、ステージ横にいた吉村さんにパンク魂じゃない!と怒られたらしい(笑)

あーれー?ここまで出るはずのSCBDがでてこないわ?と思っていました。
で、ジョーファンのスカ友さんも、勝手にいこうかなーと下がってきました。
・・・とおもっていたところで、突如、ステージにFunky 4が全員出てきた!
・・・しかも・・・きゃーーーー!噂に聞いていたタキシードだわ!!
というわけで二人であわてて前に向かいます。
ジョー、黒のタキシード、似合う♪
シュウくんだけ、白のスーツにタキシードシャツと黒の蝶ネクタイ。
(あとで、ヒダカさんかカトウタロウに「結婚式の司会者の人、ありがとうございました!」とかいわれてた・笑)

そして、そんな4人の中に、普通にジーンズにTシャツみたいな格好の
怒髪天の上原子友康 さん。

と思ったら・・・そこから始まったのはマイケル祭り!
だれかここでやると思ってたけれど・・・SCBDがやってくれるとは嬉しさ倍増!
Beat Itが最初で、これはもう上原子さんが「トモヤス・ヴァンヘイレン」らしく、
ばっちりソロってました。リーダーはどっちかというとサポート回り。
ジョーがめちゃくちゃノリノリで弾いてる~
時々、レフトの私とジョーファンのスカ友さんの方をちらちらみて、笑いかけてくれる~
なんだか最近、ジョーさんとやりとりが増えている気がして嬉しい♪(妄想)
シュウくんもレフトに来てくれて、まさにBeat Itなんて聞いて育ったわよ!の私は
おもいっきり歌っていたら、にやって笑ってくれました(笑)

お次は We are the World。シュウくんいわく、
「おれ、段取りわかってませんから!なんだか色々な人が出てくるかもしれないけれど!
だって、前の曲、段取りにないのに飛び出てくる人がいるんだし!」
(誰かがステージから飛び出してきて、客席ダイブしました。誰かは私にはわからず・・)
基本はシュウくんが歌いつつ、ところどころ、ヒダカさんがうたったり、他の人が何人かで歌ったりしてました。
かなりgdgd(笑)

で、最後は「初期パンクといえばこれ!」で・・・
うわーーー!きたぁ!The Specials の Little Bitch♪
これはCOUNTDOWN JAPANのビークルのステージでMOBY飛び入りで聞きましたが、
数十人でやるとさすがにステージ上が楽しそうです(笑)
もちろん、私たちも楽しい♪ 
踊りまくって、あっという間に終了。
一時間半くらいだったかな。


もうここに来ると足がさーすーがに限界・・・
というわけで、勝手にしやがれに向かいつつ、我慢しきれずレッドあたりで座ってラーメン食べてからサンステもどりました。
結果、勝手の前半はきけず。
しかし、最後の数曲はロミオやらフィラメントやらで、さすがに聞いちゃうと、
足が痛いけれど素通りできず、サンステ前までふらふらと足を引きずっていって、数曲踊りました。
UK聞きたかったなあ~(遅れた自分が悪いんだけれど)

ここでいよいよ体力がきれました。Pillowsはテントから、朦朧としながら聞いていて・・
なんだか夢うつつに終わったのを聞いた気がしたんだけれど、あいさつっぽいのが聞こえたところで
完全に意識放棄。
先にオフィシャルバスで帰るスカ友さんにろくに挨拶もできず、8時過ぎまで寝こけてました。

あとは、テントを片して、市内にもどって、シャワーを浴びて、ご飯を食べて終了。
北海道のスカ友さんに、美味しい美味しいハンバーグ屋さんにつれてってもらって元気復活。
しかし、あっというまの新千歳→羽田で東京に戻ってきました。

今年も最高のライジングでした。
例年に比べても、見たいのがおおすぎてどうしようかとおもいましたが、
結局、体力の限界に挑戦みたいなコースになりました(笑)
今年は前後の仕事があまりきつい状況じゃなかったのでどうにかなったのかな。

来年は、私はライジング5回目の個人的記念になります。
さー来年も楽しみだ!(はやくも)

毎年、これだけライジングが楽しいのは、一緒にテント生活をするみんなをはじめとして、
素晴らしい仲間たちに囲まれて過ごせる、最高に笑えて、楽しく飲めて、
素晴らしい音楽に囲まれて、いつもの生活から完全に振り切って楽しめる2日間だから。
アーティストの方々だけでなく、大好きなみんながいないとこの空気は味わえないよ。
各ライブでちょっとすれ違うだけでも、嬉しい!

みんな、今年も最高のライジングサンを本当にありがとう!
[PR]



by naomy7727 | 2009-08-18 02:18 | Music, live art, etc
当初の予定は活動期。いまやライブ日記。
by naomy7727
プロフィールを見る
画像一覧
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

about me

スカ、ロック、J−POP、アイドル、
ぐっとくれば何でも大好き!

パーカッションを自由にあやつるグルーヴィーな人にべた惚れな
オオモリストで、
5人組国民的アイドルの柴犬な四男に翻弄され、
関西からの異色派アイドルのグルーンな末っ子にデレデレで、
時々スクビで人間やめてます(笑)

《好きなモノ》
東京スカパラダイスオーケストラ
川上つよしと彼のムードメーカーズ
arashi

Scoobie Do
Indigo Jam Unit
Dragon Ash
堂島孝平(×GGKR!)
J.A.M.
秀景満
ユニコーン
U2
Maroon 5
MIKA

おすすめリンク
WEBHEAD DESIGN WORKS
Better Days Gonna Come
あのナースに気をつけろ
azure

ファン

ブログジャンル

画像一覧